【後継者になりたい】小さい会社で社長や経営者として働く唯一の方法!

人手不足と久しく言われながら、中高年の就職・転職の厳しさは全く変りません。また、年齢不問と言いながら、キャリア形成のための年月を必要とする職種が多く、あなたの年齢がネックとなる場合が多いのですね!

中高年の転職は規模しい!

 

では、どうすればよいのでしょうか!

あなたの年齢に関係なく、むしろミドル世代こそ安定感を増すということでメリットとなる転職方法があります。

それが【小さな会社の後継者】になることなのです。

小さな会社の後継者になるメリットやデメリットは?

もちろん、小さな会社は中小企業の後継者になるには、ある程度の覚悟が必要です。

でも、大手企業などには中高年は転職の道がないので、それならたとえ小さな会社であろうと健全な経営であれば次の仕事先の候補として考えてみるのも良いと思います。

中小企業で雇われ社長として働くメリットやデメリットをこちらでまとめいます。確認してみてください。

【最新版!】中小企業の雇われ社長の求人で経営者として転職できる方法
社長のイメージは一国一城の主ですが、それは創業者が社長になるケースであり、雇われ社長は一般のサラリーマンからのたたき上げのイメージです。でも、中小企業の雇われ社長でも立派な社長です。世間体は良いものがありますし、収入ややりたいことができるなどさまざまなメリットもあります。ここでは雇われ社長の求人を募集している転職サイトを紹介します。▼中小企業の雇われ社長の求人は【転機】▼

小さな会社の後継者の仕事はどんな仕事はあるのか!

小さな会社の仕事内容

企業の社長になることは、一国一城の主になるということで、マイホームと並ぶかそれ以上の人生においての夢といっても不思議ではありません。

しかし、社長になろうと思えば自分で起業するか、会社の中でコツコツと努力して出世していくか、さらには事業継承M&A等の措置をとるか…になります。個人での事業継承となると、膨大な資金がかかるので現実的ではありません。

そこで、社長になるための一つの近道として、「後継者」になる方法があるのです。

後継者といっても、社長になるだけが後継者になることではありません。小さい会社で社長として経営していくのもいいでしょうし、自然の中で生活をしたいのなら、農業に身を投じるのもいいでしょう。

これも立派な後継者ですし、農業の後継者は特に人手不足が深刻です。何事も若い担い手のほうがいいという声もありますが、まずは年齢は気にせずに中高年であっても、農業なら農業なりのスキルを身につけていくことができます。

他に、職人見習いなら多くの後継者の道があります。職人の世界は特に後継者不足に悩んでいるところが多く、特に神社の神主などは後継者が不足していて、やる気さえあれば神主になるのは、それほど狭き門ではないようです。

職人の世界は、とかく厳しいと思われがちです。確かに一つの道を極めなくてはならず、さらには伝統芸能としての古くからのしきたりも重視されます。しかし、古いしきたりがあるほど、社会的地位も高く地域貢献など特にやりがいのある仕事といってもいいでしょう。

多くが後継者不足に悩んでいることもあり、自分のやりたいことや興味のあることがそれに近いのであれば、勇気を出してその世界に飛び込んでみるのもいいと思います。

職人の場合、文字通り手に職を持つということになります。自分に合わなければその道はとてもつらいものとなるでしょう。また、実際に自分に合っているのかどうかは、やってみないと分からない部分もあります。かといって、自分に合わないからすぐに辞めてしまうというのもなかなか難しい世界です。

そのため、何も言わず夜逃げ同然に去ってしまう人も少なくありません。自分に合わない、あるいはしたくない仕事を続けていくのも、自分にとって悲劇です。自分に合わない場合、次に向かっていくためにも、勇気を出して、やりかけた仕事を辞することも大切です。

後継者になるための必要な事とは!

後継者になるために必要なことはたくさんありますが、その中でも次にあげる7つの点は特に大切です。

①謙虚であること
②現場を理解すること
③社員と取引先に感謝すること
④お客様に感謝すること
⑤会社の数字を理解すること
⑥経営者としての勘を磨くこと
⑦独り立ちすること
以上の7点ですが、順番に説明します。

①謙虚であること
事業を継承することは、すでにできあがっているシステムや仕組みを受け継ぐということです。周囲には何の苦労もなく、事業を受け継いだというように見られがちです。それを逆手にとって傲慢にふるまうのではなく、誰に対しても謙虚でいなくてはいけません。傲慢な態度をとってしまうと、人心はついてきませんし、反対に経営者失格の烙印を押されかねません。前経営者の威光を振りかざすのではなく、謙虚でなくてはなりません。これは、後継者が事業を継承するうえで欠かせない条件といっていいでしょう。

②現場を理解すること
現場がわからないと会社経営はできません。社長室にふんぞり返っているだけでは、誰もついてきてくれないでしょう。特に雇われ経営者であり、後継者となる身ですから、古参の社員よりも努力する姿勢を見せなくてはいけません。現場の仕事がどのようなものなのか、特にどのような点に苦労しているのか、工夫やヒントがあるのかなどを理解する必要があります。得意先からの要望、市場の動向、社員の思い(不満など)、経営に関することは全て現場にあるのです。

③社員と取引先に感謝すること
社員がいなければものづくりやサービスはできません。取引先がいなければ仕事がありません。社員と取引先には常に感謝の心を忘れないようにしましょう。感謝の気持ちは伝わります。その気持ちが社員の仕事に対するモチベーションになることは間違いありません。同じような気持ちを取引先に対しても持つようにしましょう。

④お客様に感謝すること
お客様がいなければ会社経営が成り立ちません。後継者となったら、まずはそのことを肝に銘じておかなければいけないでしょう。感謝の気持ちがあれば、顧客満足度の向上につながります。そういった相乗効果が会社としての価値を高めていくのです。

⑤会社の数字を理解すること
会社経営には、数字に対する理解が求められます。経営者に求められるのは数字です。事業活動の全てが数字によって表されるということです。少しの売上で一喜一憂する必要はありませんが、その積み重ねが大きな数字になるのですから、おろそかにすることなく、目の前の数字を一つ一つ積み上げていかなくてはいけません。数字を無視した経営に成功はないことをしっかりと頭に入れておきましょう。

営者としての勘を磨くこと
経営者には勘が大切です。事業に必要な勘は自分で磨いていくしかありません。事業を継承して経営者になると、常に経営判断が求められるので、その中から勘を養っていくのです。勘といってもギャンブル的な要素ではなく、知識や経験から成り立つものですから、より多くの経験を積んで勘を養っていくようにしましょう。

⑦独り立ちすること
後継者になるのですから、求められるのは独り立ちです。最初は、先代の経営者の薫陶を受けることができますが、いつまでもというわけではありません。期限も区切られるでしょうから、与えられた時間の中でしっかりと、事業を継承し、先代経営者を安心させ、後顧の憂い無く引退してもらう必要があるのです。そのためにも、できるだけ早く事業の最高責任者としての自覚をもち、自分自身の力で経営を切り盛りしていくようにしなくてはいけません。

 

社長の後継者募集の研究家
社長の後継者募集の研究家

小さな会社とはいえ、やっていけるのかな?と、心配になりましたか?

 

大丈夫ですよ!

 

まず、社長や経営者の後継者として、会社に入りいわゆる次期社長としてその会社に入り仕事を覚えます。

 

そして会社経営を学んだうえで、はれて経営者として独り立ちする方法もあります。

 

小さな会社だけど後継者になれる転職エージェント【転機】

50代からの転職のひとつの選択肢の中に、これからは「後継者募集」といった項目が目に入ってくると思います。

残された人生を普通に転職して、普通に仕事をしていくのか、あるいは、厳しい世界の中に身を投じ、自身を研鑽してより高見を目指していくのか、2通りの道があるとしたら、より多くの収益が見込める後継者の道が魅力的に見えることでしょう。

しかし、実際には大変な世界です。そのような世界をよりわかりやすく、正確に紹介してくれるのが転職エージェントの「転機」です。

実際に、普通に転職するほうが現在においては難しいのが実情です。リスクは多少ありますが、これまでの経験が活かせる後継者募集でしたら、リスクをできるかぎり抑えることができます。

やる気があれば全く新しい世界に飛び込むこともいいでしょう。普通の転職にはない、後継者募集という新しい転職先には限りない可能性があるのです。

▼▼併せて読みたい

知らなきゃ損!中小企業の後継者募集(自営業者など)|50代の理想の求人!
中小企業や自営業者の後継者募集サイトで転職を探したことありますか?例えば東京でとか!40代、50代の人は求人募集を探す時にきっと皆さんは、大手の転職エージェントで今の自分と同じ業界、同じ様な職種で探されているのだと思います。私がそうでしたから。。。でも、きっと厳しい現実が待っていて、転職エージェントからは、袖に扱われ全く求人を紹介されないか、ブラック企業のような仕事環境や年収の悪い所を紹介されるかではないでしょうか。。。そこでこの記事では、やり方をがらっと変えるこ

 

まとめ

中小企業の経営者になる

50歳代の転職は思った以上に厳しい世界です。

前職と同程度の収入を確保したいと考えたら、特に狭き門になることでしょう。収入面を考えても、後継者募集について前向きに考える価値はあります。

転職エージェントの【転機】では、これまでにない転職の形を中高年世代に見せてくれます。経営者になるために必要なことをしっかりと理解し自分の中に吸収すれば、後継者募集にも自信を持って臨むことができるでしょう。

あなたの市場価値がどれほどか、一度確かめてみても良いと思います。

▼中小企業の経営者になりたい▼
【転機】完全無料サービス
転機