中高年の仕事

中高年の仕事

中高年の転職で面接で定番の質問としてよく出るものをまとめました。

中高年の転職で一番の壁は、書類選考だと思うのです。なかなか通らない書類選考を合格して、その後待っているのが「面接」ですね。長いことサラリーマンをやっていると、面接なんてやったこともないという人も多いと思います。そこで今回は50代の中高年の転職のための面接で良く聞かれる質問を集めてみました。
中高年の仕事

50代で転職が決まらない!現実の認識と今後の活動対策を冷静に考える。

50代での転職は博打のようなもので、できればしないほうがよいのは言うまでもありません。しかし、状況によっては転職をしなくてはならない場面も出てきます。そのときに転職が決まらない現実に直面することになります。転職が決まらなくても仕事はしなくてはいけない。嘆くよりも転職できる対策を考えてみましょう。
中高年の仕事

50代の転職の現実|中高年求人のリアルと対応方法をマジメに解説!

50代の転職は決して無理とか成功しないわけではないのですが、一般的には『現実は厳しいもの』と考えて臨んだ方が楽に活動できます。中高年という年齢から一般的に想像できるのが、思考が硬直的、頑固で融通が効かない、扱いづらいなどです。おそらく、それまでの人生経験の中で培ってきた自己防衛本能です。
中高年の仕事

【後継者になりたい】小さい会社で社長や経営者として働く唯一の方法!

小さな会社と言えども後継者になりたい人増えています。人手不足と久しく言われながら、中高年の就職・転職の厳しさは全く変りません。また、年齢不問と言いながら、キャリア形成のための年月を必要とする職種が多く、あなたの年齢がネックとなる場合が多いのですね!では、どうすればよいのでしょうか!あなたの年齢に関係なく、むしろミドル世代こそ安定感を増すということでメリットとなる転職方法があります。それが【小さな会社の後継者】になることなのです。
中高年の仕事

【最新版!】中小企業の雇われ社長の求人で経営者として転職できる方法

社長のイメージは一国一城の主ですが、それは創業者が社長になるケースであり、雇われ社長は一般のサラリーマンからのたたき上げのイメージです。でも、中小企業の雇われ社長でも立派な社長です。 世間体は良いものがありますし、収入ややりたいことができるなどさまざまなメリットもあります。ここでは雇われ社長の求人を募集している転職サイトを紹介します。 ▼中小企業の雇われ社長の求人は【転機】▼
中高年の仕事

【役職定年はつらい!】会社に残る・出るべきかあなた個人の世界を作る

ある日、言い渡される役職定年。部長から平社員に!会社の制度とは言え大変つらいものがあります。一体このこの制度はなんなんだ!おれはどうすれば良いんだ!日本での定年の年齢は通常は60歳。定年後のお金や仕事をどうするかも問題なのですが、その前に来るのが『役職定年』。いきなり部長や課長というポジションを奪われ、給料を減額され平社員に降格するのです。ここでは役職定年の時の会社員の身の振り方について考えていきます。