50代の転職の現実|中高年求人のリアルと対応方法をマジメに解説!

50代の転職は決して無理とか成功しないわけではないのですが、一般的には『現実は厳しいもの』と考えて臨んだ方が楽に活動できます。

50代の転職の現実

中高年という年齢から一般的に想像できるのが、思考が硬直的、頑固で融通が効かない、扱いづらいなどです。

おそらく、それまでの人生経験の中で培ってきた自己防衛本能です。性格を曲げることは難しいのですが、逆にそれをプラスに変える発想ができると、厳しい現実から光明が見えてくるかもしれません。

すべての50代の転職が失敗しているわけではないので、現実を見据えてあなたが望む目標を立てて転職活動に臨む姿勢が大切で、このことがあとあとこんなはずではなかったとならないのです。

50代の人の転職のパターン

自分自身の胸に手を当てて考えてみるとわかりますが、50代からの転職に100%の自信を持っている人はどれくらいいるでしょうか?誰しもが当たり前のように不安を持っています。

そんな50代の転職には3つのパターンがあると言われています。

①これまでのキャリアを活かす
②自分のやりたい仕事を探す
③仕事なら何でもいい

求人を出す企業からの狙いは『豊富なキャリアを持つ即戦力』であることは間違いありません。反対にこれまでのキャリアを活かし50代から転職を目指す人は、それまでの会社員生活といった経験から、「自分自身が企業が求める人材なのかどうか…」そういったところに大いなる不安を感じることになります。

また、これまでの経験を活かす、経験を無駄にしたくないのでしたら、どうしても選択肢は狭まります。「自分のやりたい仕事を探す」というのでも同様です。

反対に、「何でもいいから仕事があればいい…」乱暴な表現ですが、こういった気持ちを持てるのでしたら、選択肢は飛躍的に広がるでしょう。転職には一にも二にもあなたの目標に沿った活動大切ですからね。

『これまでのキャリアを活かす』のか、『自分のやりたい仕事を探す』のか、『仕事なら何でもいい』のか、3つの選択肢の中からあなたに適したパターンを考えてから転職活動を行いましょう。

仕事を選ばなければ現在の日本でそれほど仕事に困ることはないでしょう。キャリアを活かす、やりたい仕事に就くとなると途端にハードルは高くなってしまいます。

また、すべてのパターンに共通することとして収入は下がることも予想されるので、どこまでが許容範囲なのか、食べていくためには最低限このくらいは必要というボーダーラインも決めておかないといけません。老後はすぐ目の前に…というプレッシャーもありますしね。

いずれにしても50代の転職では仕事に向き合うパターンを決めて転職活動を始めましょう。

50代の転職に失敗する人の特徴!

転職の3つのパターンから転職に失敗する人の特徴を考えてみます。

★これまでのキャリアを活かす仕事に転職した場合

この場合は、即戦力を期待されているので、仕事のやりがいを考えても理想的な転職と言えます。また、収入も思ったほど下がらないでしょう。しかし、相応のプレッシャーを感じるのは間違いなく、これまでと同じような仕事内容だとしても、社風が違えば仕事の段取りや考え方も違ってきます。

そこに、自分がどのようにアジャストできるのか、それができなければ転職先でも浮いてしまうでしょう。どこまで、新しい職場に自分を合わせることができるのか、それができないと職場でも浮いてしまい、転職が失敗ということになってしまうのです。

★次に自分がしたい仕事に就いた場合

これも理想と現実のギャップにぶち当たることになることが多く、「こんなはずではなかった…」ということにもなりかねません。

「決断に遅すぎることはない」とよく言いますが、キャリア形成に時間がかかることはたくさんあります。その点も考慮して本当にその仕事をやりたいのか、学べる姿勢をキープできるのかといったことも考えたほうがいいでしょう。

★最後に仕事ならなんでもいい場合

転職の選択肢が広がるので、いろいろな仕事に就くことができます。

しかし、多くが未経験の職種になることが多く、その世界では初心者です。そのため、人の下についての仕事となるでしょう。多くの場合年下の社員、ケースによっては自分の子どもよりも若い社員から指示を受けることにもなりかねません。その場合、プライドを押し殺して、失敗して怒られるようなことがあっても耐える耐久力があるかが問われます。

残り少ないキャリアの中でそのような苦痛を感じながら仕事をしていくのかといった自分自身への自問自答にもなるでしょう。

いずれにしても、食べていかなくてはいけないので、仕事をすることは大切です。自分を見失わないようにしっかりとした気持ちを持って転職に失敗しないようにしたいものです。

50代の転職を成功させるための4つのポイント

50代で転職を成功させるポイントを4つ挙げてみます。

▼▼こちらの記事も参考にしてみてください。

知らなきゃ損!中小企業の社長の後継者募集(自営業者)|50代の求人
中小企業や自営業者の社長の後継者募集サイトで転職を探したことありますか?例えば東京でとか!40代、50代の人は求人募集を探す時にきっと皆さんは、大手の転職エージェントで今の自分と同じ業界、同じ様な職種で探されているのだと思います。私がそうでしたから。でも、きっと厳しい現実が待っていて、転職エージェントからは、袖に扱われていませんか?

・年収にこだわらない

生活があるので最低限の収入は必要ですし、多いほど困らないのですが、転職前の収入を追い求めていたのではなかなか転職先はみつからないでしょう。

転職では年収がアップするとは限らず、むしろ下がることの方が多いのです。転職先でがんばって収入を上げていくという気持ちに切り替えて、最初の収入は必要最低限から積み上げていく気持ちが大切です。

・過去の経験をフルに活用する

50代となると経験は30年を超えている人がほとんどです。30年の経験というのは自分にとって宝物ですから、それを活かさない手はありません。

そこで、自分がこれまでどのようなキャリアを積んできたのか、自分にとってたいしたことのないキャリアや資格、知識といったものでも、企業によってはそれを求めている場合も少なくないのです。

そのため、転職にあたっては、自分の中で埋もれている知識や資格、スキルなどを掘り起こしておくようにしましょう。人生、何が幸いするかわからないものです。

・プライドを捨てる

プライドは大切ですが、ときには邪魔になることもあります。前の職場では管理職にまで昇進したのに、新しい職場ではヒラからのスタートというケースはよくあります。

転職の仕方次第とも言えるのですが、役職などにこだわっていると、せっかくの転職のチャンスを逃してしまうことも…。

どのようなキャリアがあっても、新しい職場では新入りであることに間違いはありません。ぞんざいにふるまうことなく、謙虚にことにあたることが転職先では大切です。

・50代に特化した転職エージェントを利用する

最後に適した転職エージェントを利用する方法です。さまざまな転職を支援するサイトがあります。それぞれが特徴のあるサービスを展開しているのですが、苦戦を余儀なくされる50代にとって50代に特化した転職エージェントはこれ以上ない援軍です。

全世代向けの転職エージェントよりも、中高年向けの転職エージェントのほうが、あなたにあった転職ノウハウをしっかりと持っているケースがあるので必ず力になってくれることでしょう。

50代の転職エージェント ➡ 社長で会社を選ぶ【転機】転職エージェント

50代の転職の現実のまとめ

50代の転職は最後のチャレンジとなる可能性が高いです。その最後の仕事についてはあなたの目標にあったものにしたいものです。

①これまでのキャリアを活かす
②自分のやりたい仕事を探す
③仕事なら何でもいい

これらを決めてから転職活動に臨むことをおすすめします。決して、転職先がないわけではないです。

ただ、中高年の転職というのはどうしてもリスクが伴います。自分ではできると思っていても、転職先での仕事のペースについていけずに挫折してしまうこともあるでしょう。また、社風に全く合わないこともあります。年収が下がるケースもあるかもしれません。

これらの50代の転職の現実を理解して、新たなチャレンジに取り組んでいきたいものです。

50代に特化した転職エージェント
▼【転機】▼転機